2011年01月30日

集団認知行動療法@【リワークプログラム】

今回は日記ではなく、リワークのプログラムについて記述したいと思います。
自分の備忘録として。。。そして、「攻めの治療」として。。。



私は今通っているリワークに通い始めて75日(約2か月と2週間)経過しています。


※週3日なので、通っている日数をカウントするともっと短いですが、プログラムに
行かない日も「闘病」はしているのでカウントしておきますw

主治医によるとまずは「3か月通ってください」とのことだったので
そろそろ復職に向けて通勤日数通りに週5日にすべきなのですが、
最近になってようやく本調子が出てきたという感じなので焦って日数を増やさない
ことにしています。


うつ病患者は物事の捉え方(認知)がそうではない人と異なります。
そのことを「認知の歪み」と呼んでいます。

その認知の歪みというのはどこからくるのか?

その答えは
因果的、時間的な関連を持つ一連の
出来事のまとまり−生育歴や生活史の中のさまざまな経験から無意識に形成されている−
にあると言われています。


そんなわけで、私もそのプログラムに重点を置いて通うよう指示されました。

私が一人でうつ病と闘っていた時は、
薬と休養でほぼどうにか治ると思っていました。

でも、根本的な問題は何も解決されないままになるということに気づいたのは
「集団認知行動療法」のプログラムに参加するようになってからです。

最初は自分の考え方が間違っているからこんなプログラムに参加しなきゃいけないんだ。。。と
自己を全否定していましたが、自分の考えを尊重しつつもっとアサーティブに考えられるように
なる方法があるんだ!と目からウロコ状態になりました。また、これを「集団」で行うことが
大切なんだとも思いました。


このプログラムは他のとは異なっていて、連続して実施されるので
私が参加した時のタイミングが微妙で、計10回/1クールの「6回目」でした。


何をしたかというと「自動思考記録」の書き方についてです。

「自動思考記録表」←のようなフォーマットの用紙を配られます☆


(実際に紙に書いて、自ら自然と湧き上がってくる大きな感情を整理してみると
思ったことを頭の中だけで整理するのとは全く違う考えが出てスッキリすることがあります。
良かったら下記を試してみてください♪)


その表には
【状況・出来事は?】
まず最近、心が大きく揺れ動いた出来事の状況を書きます。

 ⇒自分にとって良くないと思ったことや不快に感じること。
 できれば、いつも同じマイナス
 思考パターンに陥りやすいような出来事について書いたり、直ぐにスッキリさせたい問題に
 ついて書くといいかもしれません。

【(上記状況・出来事があった)その時の気分は?】
その「状況・出来事」があった時の気持ちを一言で表現し、それぞれに%をつけます。
 <例>不安⇒80%、憂鬱⇒70%、がっかり⇒100%、悲しい⇒90%etc...

【(上記状況・出来事に対する)自動思考】
その「状況・出来事」に対して、自分の中に浮かんだ思考。一番最初に感じた強い思い。
また、どうしてそういう気持ちになったかの詳細を書く(「〜だから・・・だ」という風に)

【(上記「自動思考」に対する)根拠】
自動思考を裏付ける「事実」(注)主観は取り除き、客観的に考える

【(上記「自動思考」・「根拠」に対する)反証】
「反証」の言葉の意味合いそのものは「相手の主張に証拠をあげて否定すること。反対の証拠」
となっていますが、第3者に自分と同じ状況・出来事について相談したらどのように
アドバイスをくれるだろう。。。もしくは、もう一度冷静になって考えてみて、自動思考や根拠に
矛盾している事実はないだろうか?過去の経験から役立ったことはないだろうか?などを
考えられる限り洗い出してみます。


【適応思考】
根拠と反証を「&」で結ぶ。
 
 ☆ポイント☆⇒自動思考は無かったことにせず、反証とのバンランスを取る。
 ⇒考え方を変えることで気分が変わるもの、行動をすることによって変わっていくもの、
 考えや行動を変えても変わらず、状況を受け入れざるを得ないもの。。。etc
 最悪のシナリオ、最良のシナリオを考えると現実的なシナリオはどうなるのか???

【今の気分】
適応思考に至った時点で、「元々の気分」と「新たに浮かんだ気分」を書き、
それに対する%を書く。


以上が自動思考記録の書き方になります。

状況によっては気分がかえってマイナスになってしまうこともあるので、
無理をせず行ってみてください(;´∀`)


次回はこの説明ではなかなか理解できない部分もあると思うので
以上の自動思考の書き方の例をあげたいと思います・・・汗


【続】



posted by usamiri at 17:24| Comment(2) | うつ病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
tethysさんのブログからやってきました、みかん箱と申します。

集団認知行動療法の話、PMS(月経前症候群)の話、興味深く拝読しました。

おととい、NHKの「クローズアップ現代」で、認知行動療法の特集を見たばかりだったので、とてもタイムリーな記事でした。地方住まいの私の所には、同様のプログラム、なかなかむずかしそうです…。

もしよかったら、これからも、ときどき、ブログ訪問させてください♪


みかん箱
Posted by みかん箱 at 2011年02月09日 05:53
>みかん箱さん

ようこそtethysさんのところからいらっしゃいました〜(笑)

遠慮なくコメントお寄せ下さいm(_ _)m

私はblogを綴っている間や読み返してる間にもハッと自分自身の行動を振り返ってみて反省することもあります。

文字化してみると私、論理性のない考えや根拠のない考え方に陥ってるんだ…逆に考えると無条件で辛いことや悲しいことって無いんですね…

それを辛いと思って抱えてしまうだけではなく、跳ね返すエネルギーが貯まったら打ち返すことも、逆に諦めて受け止めちゃうことも…時と場合によってどうするかポジティブに行動することで経験が上手く生きていきます☆「自分マニュアル」みたいなのができちゃったり(*^^*)
先日の「クロ現」認知行動療法を臨床心理士の間でネットで広げられるといい…と言ってましたが、(ネットがインチキ臭いから対面なんじゃい…(-.-;))とか思わずツッコミ入れましたよ(笑)

長々とすみません…汗

私もみかん箱さんのblogに
遊びに行きます(*^o^*)

今後ともよろしくお願いします♪♪

Posted by usamiri at 2011年02月09日 10:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。